読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しろまち堂~本館・こちらは新館です~

読んだ本のなかでも、イチ押しおススメの本をご紹介しています。 FC2の『しろまち堂~本館(休館)~』( http://honwagohan.blog19.fc2.com/ )から引っ越してきました。よろしくどうぞ

カンタン超うま!!手抜きクッキング(芳成香名子・著 集英社)

(ちょいと年代モノですが)美味しいコミック紹介します

 ずうううぅ~っと!前から持っている本。

出版年を調べて愕然★でした。そんなに経ってるんだ…。

 

タイトルに偽りなし、のお料理コミック。

一応著者は芳成さんになっていますが、レシピはすべて読者からやご家族から。

で、なんでこんなにキッパリ「タイトル通り」って書けるかというと、

芳成さんがかなり見事なまでにお料理をなさらない方で、

その彼女が(編集やスタッフと一緒とはいえ)自分でこれらのメニューを作っているからなんです。

 

お母さまの至れり尽くせりはともかく、芳成さんの普段の料理のしなさっぷりは、

読むと「えぇッ!?」と驚くくらいだったりするんですが、お母さまがお料理上手&ご本人に興味がない、となると、こういうことにもなるの…かなあ。

あーでも、性別をどうこう考えるからひっかかるのか。息子ならあるあるだ。

うん、そうだ、わたしが性差別に捉われていました。失礼!

 

わたしは元・偏食大王のくせして食い意地がはっていたので「自分の食べたいものは自分で作るぜ」で、いろいろテキトーに作る子でした。

だがしかし、なにしろ大雑把。しかも凝った料理を作っても食べるのはあっという間よねー、という性格なので、いまや

「カレーは毎回闇鍋的ですが、なにか問題でも?」というメチャメチャざっくりな料理を作って食べる毎日。

 

こういう性格ですので、料理のレシピ本は読んだからといって作るとは限らない!(というか、読んで満足して作るところまで至らないことが多い)んですが

このコミックに掲載されている料理はけっこう色々作っております。

ホントにカンタンで短時間でできるし、バリエーションもあるので便利なんですよー。

(ただし、栄養素がどうのとかそういう方面は無頓着なので、そこは自分で調整が必要です)

 

何度かの引越しや荷物整理・本整理でも淘汰されることなく残った

個人的に評価の高い料理コミックです。

わたしだけではなく、知人の評価も得ていまして、

『うちでカレー作ってあんまり美味しいと思ったことない』

と話していたとき、このコミックに登場する「今井家のカレー」のことを思い出し、作り方を伝授したことがあります。

その知人は後日チャレンジしたそうで「美味しいカレーになった!」と喜びの声をいただきました。

分量とか細かいレシピがない口伝えで「美味しい」が作れるスグレモノです♪

 

料理だけではなく、ソーイングの話がちらっと出たり、お母さまのエピソードや(この本にしては)ちょっと凝った料理。それから当時芳成家で飼い始めた柴犬の話など、いろんな面で楽しめる1冊。

Amazonなどの中古ならまだ手に入るかも?

気になったカンタン料理スキーの方には、ぜひご一読をおすすめいたしまーす\(^o^)/

広告を非表示にする