読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しろまち堂~本館・こちらは新館です~

読んだ本のなかでも、イチ押しおススメの本をご紹介しています。 FC2の『しろまち堂~本館(休館)~』( http://honwagohan.blog19.fc2.com/ )から引っ越してきました。よろしくどうぞ

いしゃがよい(さくらせかい・著 福音館書店)

 今月の大人絵本会のお題本です。

…って、もう明日じゃないですかー!?

 

いしゃがよい (幼児絵本シリーズ)

さくら せかい 福音館書店 2015-05-13
売り上げランキング : 72215
by ヨメレバ

 

 

Amazon.co.jp: いしゃがよい (幼児絵本シリーズ): さくら せかい, さくら せかい: 本

 

以下はアマゾンからのコピペです。ネタバレ部分は反転しています。
内容紹介 山で迷子のパンダの子どもを見つけたエンさんは、ファンファンと名付けて育てます。体の弱いファンファンが病気をするたびに、エンさんはファンファンを自転車に乗せ、ひと山越え、ふた山越えて医者通い。やがて、ファンファンは大きく丈夫に育ち、今度はファンファンが年老いたエンさんを乗せて医者通い。ふたりの温かい交流を描きます。 2010年に「こどものとも年少版」(1月号)として刊行されると、最後の2ページになるといつも声が詰まり、涙なしでは読めません、というお便りが数多く寄せられました。ファンファンが病気をするたびに、「ひとやま こえ ふたやま こえ いしゃがよい」と繰り返される文章と、帰り道にエンさんが歌う「このこ だれのこ パンダのこ」という歌のリズミカルな心地よさ。そして、時が経つにつれて成長していくファンファンと、年老いていくエンさんの見事な対比。なんともいえない温かい余韻が心に残る作品です。
 
出版社からのコメント 月刊誌「こどものとも年少版」の作品として刊行当時、読者の方から沢山の感動のおたよりを頂きました。「無意識にあたたかい心というのは、こういうふうに人生に返ってくるのだと思いました。」「心に残る素晴らしいお話!」「子どものために読んだのに、私自身の心の芯を温めてもらいました。」「何度読んでも、最後の2ページに涙してします。」「リズムがよくて、娘も大好きです!」 みなさんからの熱い声にお応えして、このたび待望のハードカバー化となりました。
 
 
…もう、書くことないかもwwwいやいや、そういうわけにもいきませんので、つらつらと書いていきましょうかね~^^
 

第一印象→読むまでタイトルの区切りがわかりませんでした

…って、身もフタもないアレなはじめかたですね★ 


でも、この手の迷いポイントはひらがな絵本にときどきありますよね?
「いしゃが よい」なのか「いしゃ がよい」なのか、すぐにわかりました?わたし、迷いまくりましたよ。
Amazonの解説を見るとすぐに「医者通い」なのはわかるんですけど、見ないで読みはじめましたから。
正解でしたけどねー。
まあ、どちらか納得できるように、まずは読んでくださいということです。

で、読んでみて… 

 

 絵本のいいところがギューッと濃縮されたような作品でした

言葉のリズムがよかったり
同じような繰り返しの中で変化を見せて、時の流れを上手に変化していたり。
そんなふうに素敵な要素がたっぷり詰まっているんですが、何よりも好きなのは
(失礼を承知で書かせていただくと)
「絵がヘンに小奇麗じゃないところがステキ」です。

 

青と白と黒が基調になっていてシンプルな色遣い。
ふたりのラインもひょろりとぽってりのコントラストをきかせていて、ちょっと長谷川義史さんふうの描きかた…かな?
この絵、たぶん、何度見ても飽きないと思います。
小細工なしで、愛情たっぷり込めて描いてるのがとってもよくわかる絵なんです。

 

なんかねー、「ああ、絵本読んでるなー」って、しみじみと味わっていました。

 

絵本も色々細分化しているというか、新しいタイプの絵本も出てるし、凝った絵や文章や仕掛けで、年齢が上の子ども(や大人)のほうがゼッタイに楽しめる!ってタイプの絵本も増えてきていて。
それはそれで進歩だし変化だしいい事だと思っています。絵本の世界が硬直したら固定観念でつまらなくなっていくでしょうからね。
でも、広がりは別として、やっぱり王道の「絵本ー!」って世界はやっぱりあってほしいし読んで安心したい。
なので、王道の枠内に新しく出版された絵本が仲間入りして、きっとロングセラーになっていくんだろうな…というのはやっぱり喜ばしく感じるわけです。

 

グッと泣かせてくれる場面もありますが
個人的には最後のページがとっても好きです。
(ネタバレなので以下反転)
太極拳とエンさんの白い髪&髭がめっちゃツボでした♡

 

こういうすてきな絵本をピックアップしてくれる、大人絵本会のえほんうるふさんに感謝!いたしま~すm(_ _)m

 

 

広告を非表示にする